福岡の夏祭り“博多祇園山笠”の見どころ

   

毎年7月になると、博多では全国的にも有名な“博多祇園山笠”が開催されます。博多祇園山笠は博多区にある櫛田神社の夏祭りで、山笠には「飾り山笠」と「舁き山笠(かきやまがさ)」の二種類があります。飾り山笠は期間中、一般公開されます。
開催期間は毎年7月1日~15日迄で、7月1日の「注連(しめ)下ろし」から15日の「追い山笠」迄、数々のスケジュールと共に全国から集まる大勢の見物客を魅了する、博多の夏の一大イベントといえる“博多 祇園山笠”の魅力を紹介させて頂きます!

スポンサードリンク

2016年の開催スケジュール

例年同様、7月1日(金)~15日(金)迄の2週間開催されます。主なスケジュール:7月9日 全流お汐井とり/7月10日 流舁き/7月11日 朝山笠・他流舁き/7月12日 追い山笠ならし/7月13日 集団山見せ/7月14日 流舁き/7月15日 追い山笠

博多祇園山笠の見どころ

何といっても、期間の最終日となる「追い山笠」が圧巻です。7月1日から始まり、クライマックスとなる「追い山笠」は未明から山笠が順次集合し、大勢の舁き手が続々と詰めかけます。周囲に緊張が高まる中、午前4時59分 太鼓の音を合図に、一番山笠が櫛田入り奉納を行い、続いて八番山笠まで次々と櫛田入りを行い、櫛田神社を飛び出し、廻り止めの須崎町石村萬盛堂前(町奉行所跡)迄5kmのコースを駆け抜けます。

スポンサードリンク
当日の櫛田神社周辺は、櫛田入り前の緊張感に溢れる見学のベストスポットですが、とにかく大勢の見物客で一杯です。

上東町(呉服町)の四つ角は緩やかな下り坂なので舁き山は自然とスピードが上がります。勢いと迫力が増す光景を見物する事が出来るスポットです。

勇壮な男達の祭り、“博多祇園山笠”。是非その熱気と迫力を目撃して欲しい博多の夏のお祭りです!

スポンサードリンク

 - イベント