喪中の年末年始のご挨拶や初詣・過ごし方はどうするべき?

   

今年、身内が亡くなった場合
喪中として年末年始を迎える事になり、
何かと解らない事や、どうしたら良いか困っている方も
多いのではないでしょうか?

解らない状態のまま、いつもとほとんど変わらない
年末年始を過ごし、亡くなったお身内や
周囲の親戚や知人等から常識が無いと思われない為にも
年末年始のご挨拶や、新年の初詣、
その他の過ごし方について確認しておきましょう。

スポンサードリンク

喪中の年末年始のご挨拶はどうするべき?

まず、実父母や義父母、祖父・祖母などが亡くなった際に
喪中はがきを出します。

喪中はがきを出す事によって、年賀状が届く事は
ほとんど無いと思いますが、
(喪中はがきを周囲のお付き合いのある方々へ出す事により、
年始のご挨拶(年賀状)は失礼する事をお知らせする事になります)

年末に身内が亡くなった場合や、喪中はがきを出しそびれた方から
年賀状が届く事もあると思います。
そういった場合は、寒中見舞いとして返事を送りましょう。

寒中見舞いは松の内(1月1日~1月7日)が明けてから
出すのがマナーです。

相手方に1月7日頃に到着する事を考えると、
1月5日頃に出すのが良さそうです。

届いた年賀状に対するお返事としての寒中見舞いの
文例としては、
『年始のご挨拶を有難うございました。
昨年、喪中の為年始のご挨拶を控えさせて頂きました。
寒さ厳しき折、皆様のご健勝をお祈り申し上げます。』
の様な、“年賀状を頂いたお礼”と
“喪中であった為に年賀状が出せなかった事”を
文面に組み込みましょう。

ビジネス上の付き合いで年末や年始のご挨拶に
取引先などを周る場合は、特に喪中については
伝えなくて良いでしょう。

これは自営業などで商売をしている場合も、
プライベートと商売上は別と考えた方が良いでしょう。
お客様に不快感を与えない様に、いつも通りに
年末年始のご挨拶をする事が好ましいです。

ただし、お客様や取引先の方が喪中の場合は
新年の『おめでとうございます』等は控えるべきです。

スポンサードリンク

喪中の年末年始 初詣は?

喪中の初詣はどうするべきでしょうか?

一般的に喪中の初詣は全般的に控えるべき。
と言う解釈がされている事が多い様ですが、
神社は控えるべきでお寺であれば初詣は大丈夫です。

神社への初詣は控えるべきと言っても、
神社によっては喪中時の初詣への考え方も様々ですので
全ての神社への初詣を控えた方が良い、
と言う訳ではありません。

神社の場合、死は不浄なものであり、
お寺(仏教)では死を不浄なものとは捉えません。
その為、神社でお葬式は行われず
お寺では本堂での葬儀や法要等が行われます。

こういった理由から、お寺への初詣は何も問題がありません。

喪中の年末年始の過ごし方

では、その他にも年越しそばや
親戚の子供達へ配るお正月のお年玉などは
喪中時にはどうするべきなのでしょうか?

まず、門松等のお正月飾りは喪中時は控えましょう。

おせち料理は祝い事のお料理ですので、
控えた方が良いと言うのが一般的な見解です。

そして年越しそばは食べても問題ありません。
年越しそばには様々な由来がありますが、
細くて長いおそばの様に延命長寿や健康を願い
縁起を担いで大晦日におそばを食べると言う説が一般的です。

この事から解る様に、年越しそばはめでたい・祝いの為に
食べる訳では無いので喪中時に年越しそばを
食べる事は問題無いと言えます。

ただ、地域や家柄によっては喪中時に年越しそばを
食べない場合もある様ですので確認が必要です。

そして、お年玉ですが
喪中時にあげるお年玉は控えるべき、
お年玉は元は歳神に由来する事から特にめでたい物と
する物ではないので問題無い。
と様々な説が有ります。

しかし、子供達にとってお正月のお年玉は
一番の楽しみとも言えるので
気になるのであれば、無地のポチ袋を使用した方が
無難かもしれません。

7d9eb94c2360a2d351e6fd21b554f376_s

まとめ

喪中時の年末年始のご挨拶・
初詣やその他の過ごし方について
ご紹介させて頂きました。

一般的な事例を挙げさせて頂きましたが、
住んでいる地域や家柄によっても
考え方は様々ですので、
親や兄弟・親戚等の周囲の方に事前に
習慣を聞いておく事をお勧めします。

スポンサードリンク

 - 日常 ,