お歳暮は上司へは必要?金額の相場や品物は?

   

12月になると何かと忙しい年末になります。
年末の大掃除や年始の準備等、忙しい日々にプラスして
物事に追われている方も多いのではないでしょうか?

社会人になると、大人のマナーとして忘れてはいけない
お歳暮があります。
お歳暮は今年(いつも)お世話になった方に
今年のお礼と共に、「来年も又宜しくお願いします」
と言う気持ちを込めて贈る年末の御挨拶です。

お歳暮は周囲のお世話になっている方に、
目下の者が目上の方に贈る日本の贈答習慣ですが、
特に社会人になったばかりの方や、
転職したばかりの方は上司へのお歳暮が必要かどうか
悩んでいる方も多い様です。

上司へのお歳暮は必要有る・無いと様々な声を
周囲で聞きますが、
社会人のマナーとしてはどうするべきなのでしょうか?

又、上司へお歳暮を贈る場合の金額の相場や
適切な品物についても確認しておきましょう。

スポンサードリンク

お歳暮は上司へは必要?

今年社会人になった方や、
今年転職をして新しい職場で頑張っている方は、
年末が近づいて来ている今、上司へのお歳暮はどうするべきかと
考えている方が多いのではないでしょうか?

一昔前はお歳暮を上司へ贈る社会人が圧倒的に多かった様ですが、
近年では会社のコンプライアンスで上司への贈答が禁止されていたり、
禁止までは行かなくとも、社内の暗黙のルールで
お歳暮やバレンタインデー等の贈り物を社内の人へ渡さない、
と言う会社もかなり多くなって来ている様です。

そういった点を考え、
会社勤めの方が上司へお歳暮を贈らないといけないと言うマナーはありません。

会社によって考え方や行動も様々ですので、
入社したててで気になる様でしたら、周囲の同僚や先輩に
相談してみる事をお勧めします。


周囲の方がお歳暮を上司へ贈らない会社の場合でも、
例えば結婚式でスピーチをお願いした・
プライベートで何か面倒を見て頂いた等のお付き合いが有り、
お歳暮を贈りたいと思うのであれば、
周囲の事は気にせず、感謝の気持ちでお歳暮を贈るのは
良い事だと思います。

又、時々ある事例の様ですが
上司からお歳暮が届いた(渡された)場合、
お返しはどうしたら良いのでしょうか?

この場合、絶対にお返しをしなくてはならない
と言う事はありませんが、
本来のお歳暮は目下の者が目上の方へ感謝の気持ちと共に贈る
贈り物、と言う定義から考えると
上司からお歳暮を頂いた時点で、
お礼状と共に簡単な贈り物でもお返ししておいた方が
今後の関係性はスムーズに行くのではないかと思います。

お歳暮を贈る時期等については、こちらをご参照下さい。
お歳暮の意味や贈る時期は?

スポンサードリンク

お歳暮を上司へ贈る場合の金額の相場は?

上司へ贈るお歳暮の金額の相場は、
一般的に ¥3,000~¥5,000
ですが、
年代によって相場も変わって来ます。

贈る側が20~30代は、¥3,000~¥4,000程度、
40代以上であれば¥5,000~¥7,000程度の品物を贈る事が多い様です。

やはり一般的な金額の相場はありますが、
地域や社風によっても様々ですので、
会社の同僚や先輩に幾らぐらいの物が妥当か、
相談してみるのも良いでしょう。

ただ、気を付けたい事が来年以降も同じ上司へお歳暮を
贈る可能性がある場合、
今年のお歳暮よりも来年のお歳暮の方が
目に見える様に金額が安い物であってしまうと失礼にあたります。

わすれてしまいそうな場合は、
今年のお歳暮の金額をデータとして残しておく事をお勧めします。

494eb819ef024198dd9c3596ce843a2a_s

お歳暮を上司へ贈る場合の品物は?

貰って嬉しかったお歳暮の品物を400名にアンケートを取り、
その結果が以下の通りです。

1位:商品券/ギフト券 2位:ビール・発泡酒 3位:カタログギフト
4位:加工肉(ハム等) 5位:洋菓子

商品券やカタログギフトは、相手が貰って困る物を贈るぐらいなら
相手に選んでもらおう、と言う贈る側の考え方と
受け取った側の考え方が合致して上位にランクイン。

ただし、このアンケートは贈る相手が上司に限られたものでは
ありません。

上司に対してのお歳暮が商品券や金券類と言うのは、
一般的にマナーから外れていると言えます。
しかし、近年ではカタログギフトを贈る方は増えて来ている様です。


上司へ贈るお歳暮の品物で一般的に多く挙げられるのが

●ハムやソーセージ等の加工肉

●ビール等の酒類

●洋菓子や和菓子等の菓子類

●コーヒーやお茶等

ビール等の酒類は上司の家族構成や生活習慣にもよるので、
(普段から健康状態を気にしている上司へは控えた方が無難です)
考えて贈る事が必要です。

まとめ

お歳暮は上司へ贈る必要があるのか?
又、贈る場合の金額の相場や商品について
ご紹介させて頂きました。

社風や地域のや習性を事前に習得しながら、
今後の仕事がスムーズに上手に事が運ぶ様に、
良く考えて行動したいものですね!

スポンサードリンク

 - 日常 , ,