犬の寒さ対策!外飼いの場合や室内の場合&湯たんぽは?

   

冬本番の寒い季節がやって来ると、
ひしひしと冷たさが身に染みます。

これは私たち人も犬も同じ事です。
全身を毛に包まれている犬だって、夏は暑いし
冬は寒いのです。

外飼いの犬・室内犬の寒さ対策はどうしたらいいのでしょうか?
そして、良く聞く湯たんぽは犬にも効果的なのでしょうか?

愛犬と暖かい冬を過ごす為の寒さ対策を
ご紹介させて頂きます。

スポンサードリンク

犬の寒さ対策!外飼いの場合は?

犬の体温は小型犬で38.6℃~39℃ぐらい、
大型犬で37.5℃~38.5℃ぐらいあり、人の体温よりは高い為、
寒さに対する耐久性は人間よりはあります。

そして犬種によっても寒さに強い・弱いがあります。
寒さに弱い犬種として有名な犬種は、
マルチーズ・チワワ・ミニチュアダックスフント・
パピヨン・ヨークシャーテリア 等。

これらの犬種はほとんど室内犬として飼育されている事でしょう。

愛犬を外飼いしている場合、室内での飼育に比べ
常に冷たい空気に触れている状態です。

犬が寒いと感じている時にする行動としては、
小屋の隅で丸くなっている・震えている・水を飲む量が普段より少ない

などがあり、このサインを感じたら何かしらの対処が必要です。
そのまま放置しておくと、免疫力の低下や関節疾患の原因にも
なる可能性があるからです。

●夜間の間は玄関の中に入れる

ぐっと気温が冷え込む日没後は、玄関の中に入れる事で冷たい空気から
愛犬を守る事になります。
玄関は風が入り込まない様にしっかりと閉めましょう。
犬も人と同じ様に、年齢を重ねるとどんどん寒さに弱くなります。

●小屋の床にマットを敷く

アルミの保温シートを敷き、毛布を入れてあげましょう。
アルミマットでは噛んだりボロボロにしてしまう場合は、
床の上に段ボールを敷き詰め、厚めのマットを敷く事でも
冷たさから愛犬を守ります。

●小屋を断熱材などで囲む
小屋の内側を断熱材や段ボール・アルミシートで囲む、
外側をナイロンシートで囲む、などの対策で小屋の隙間から入る
冷たい風や空気を防ぎます。

スポンサードリンク

犬の寒さ対策!室内の場合は?

最近ではほとんどが室内飼いだと思いますが、
愛犬を室内飼いで飼育している場合、
快適な環境で日頃暮らしているが故に寒さに弱くなる
と言う話も聞かれます。

●ペットヒーターを設置する

ペット用のヒーターは噛んでも感電しない様に設計され、
ずっと付けていても電力が少ししか掛からない物も多いそうです。

●ベットに寝かせる・毛布を与える
寒くない時期は直接床に寝ている犬にも、
冬の寒い季節はベットを用意してあげましょう。
ドーム型のベットや、ベットを段ボールで囲む(入口は小さ目に)だけでも
大分暖かさが変わります。

外飼いの犬に比べ、室内犬は散歩で外に出る際も
寒さ対策を行ってあげると良いと思います。

寒いからと言って、日常の散歩を怠ると肥満の元になります。
ストレスも溜まりやすくなるので、
特に高齢の犬や寒がりの犬は
お散歩の際は防寒の衣類を着せたり、
外に出る前に玄関等の室内より気温の低い場所で
軽く体を動かしてか
ら寒い時期の散歩を楽しみましょう。

犬の寒さ対策!湯たんぽは?

犬の寒さ対策で良く聞く湯たんぽですが、
寒さが厳しい時期に愛犬を暖かくするアイテムとして
取り入れている愛犬家も多い様です。

犬用の湯たんぽと言っても様々な種類が有り、
お湯を入れる物、レンジで温めて使用する物、
素材も樹脂製の物や柔らかい物など有るので

使用する目的に合わせて購入する事をおすすめします。

レンジで15分温めて、13時間温かさが持続すると言う
湯たんぽもあります。

まとめ

犬の寒さ対策についてご紹介させて頂きました。

大切な家族の一員でもある愛犬が少しでも暖かい冬を越せる様、
対策してあげて下さい!

スポンサードリンク

 - ペット ,