寒さ対策!部屋の窓と床と壁の防寒を紹介

   

寒い冬がやってくると、家の中に居ても
あまりの寒さに行動が制限されてしまう事もしばしば。

部屋中が暖まる様に、常に暖房を付けておくのが理想ですが、
エアコンは冷房より暖房の方が消費電力が大きく、
電気代もかさむとなるとやはり気になるものですよね。

極力、電気代をかけない様に部屋の中の寒さ対策をしたいと
節約家は思う事でしょう。

心掛けや、低予算の材料で今までの冬よりも暖かい部屋になるんです!

部屋の中の窓・床・壁に分け、寒さ対策をご紹介させて頂きます。

スポンサードリンク

寒さ対策!部屋の窓はどうする?

もはや常識と言っても良い程、外部から部屋に入って来る熱・
部屋から外部に出て行く熱のほとんどは窓からです。

冬場、部屋の中で暖房を入れ、その熱の48%が窓から出て行くと言うデータがあります。

そんな窓から熱を逃がさない、外部から冷気を入れない対策として
一番簡単な方法が、
●日中はカーテンを全開にして日光を取り入れ、夕方に雨戸とカーテンを閉める。
カーテンは冬用の厚い生地の長めの丈の物にしましょう。
雨戸は日が落ちる前に閉めるのが理想です。
昼間外部から入った暖かい空気が逃げない様にします。

そして、アイテムを使用した窓の防寒対策は、
●窓のサッシの隙間を防水ソフトテープで埋める。

更に、窓の防寒対策で有名なのが、
●エアキャップ(プチプチシート)を窓に貼る。
室内の温度を大分維持出来ると評判の手法です。
冬だけではなく、夏場は外気の熱を遮断してくれると言う優れものです。

エアキャップの凹凸がある側を窓に付け、マスキングテープや画鋲で固定します。
エアキャップは100円ショップでも購入出来ますが、
ロール状の長い物をホームセンターやインターネットで購入した方がお得です。

他には、少し金額が上がりますが、
遮熱シートを窓に貼る・断熱効果のあるスプレーを使用する等があります。

スポンサードリンク

寒さ対策!部屋の床は?

フローリングの床などは冬本番は本当に冷たいですよね・・・
冷気は窓から入り、下へと降りて行くので、一番冷えやすいのは床になります。

オシャレなフローリングですが、冬の間は防寒を1番に考えてみませんか?

●床の上にアルミシートを敷き、段ボールをかぶせ、カーペットを敷く。

昔ながらの定説、段ボールで暖を取りましょう。
厚みが気になる場合は、フローリングの上にアルミシートを一面に敷くだけでも
床から直接伝わる冷たさを防ぐ事が出来ます。

他には、コルクマットを敷く事でも床の温度を上げ、
フローリングの冷たさを防ぐ事が出来ます。

100円ショップでよく販売されているパズル型のジョイントマットも
使えます。コルク地のマットが販売されている事もあります。
やはり床とマットの間にアルミシートを敷くと
大分寒さ(冷たさ)が和らぎます。

畳の場合は、一度畳を外して新聞紙を敷き詰め畳を敷きなおすと
畳の隙間から来る冷たい風を抑える事げ出来ます。

寒さ対策!部屋の壁はどうしたらいい?

賃貸の部屋の場合でも、ほとんどの壁に断熱材が入っている為、
窓や床に比べ寒さの原因になりにくい壁ですが、
角部屋の場合は壁と壁に挟まれておらず、
窓も多い為寒さが増す傾向があります。

そして極端に薄い壁は断熱材が省かれていたりする可能性も
あるそうです。

部屋のほとんどの面積を占める壁の寒さ対策としては、
strong>●壁と家具の間に段ボールを挟む
が簡単に出来、部屋の暖かい空気を少しは逃がさない様にしてくれます。

しかし、寒さ対策としては、1番に窓、次に床が直接的な効果が感じられます。

まとめ

部屋の中の寒さ対策についてご紹介させて頂きました。

まずは100円ショップやホームセンターで低価格で購入出来るグッズや
段ボールなどを使用して、簡単手間いらずの寒さ対策を
実践されてみては如何でしょうか?

身体の冷えはあらゆる病気の原因ともなります。
少しでもお部屋の暖かい環境作りを行いたいものですね。

 

スポンサードリンク

 - 日常