浅草酉の市2016アクセス&熊手や屋台について紹介

   

「酉の市(とりのいち)」とは例年、11月の酉の日に行われるお祭りです。

酉の市の縁起物として有名な熊手にはおかめや招福の縁起物が飾られ、
多くの露店で威勢よく売られる縁起熊手を買い求める参拝客の賑わいは
日本の年末の風物詩とも言えます。

酉の市を開催する寺社は多くありますが、
関東三大酉の市の一つでもっとも有名な、おとりさまと呼ばれる浅草の鷲神社の
酉の市へのアクセス・熊手の価格や酉の市周辺の屋台についてご紹介させて頂きます。

スポンサードリンク

浅草酉の市2016へのアクセスは?

2016年の浅草 鷲(おおとり)神社の酉の市は、
11月11日(金)一の酉と11月23日(水・勤労感謝の日)二の酉に
開催されます。

開催時間は両日共に午前0時より24時まで。

日にちを十二支で表す酉の市は、月によっては1日の日や
3日巡ってくる月もあります。

2016年11月は二の酉(2番目の酉の日)まであります。

鷲神社は日本武尊(やまとたけるのみこと)を祀っています。
商売繁盛・開運の神様です。

鷲神社へのアクセスは、
【電車の場合】
●地下鉄日比谷線 入谷駅より徒歩約8分
●東武線・メトロ浅草線/銀座線 浅草駅より徒歩約15分

【車の場合】
最寄りに複数の有料駐車場が有りますが、酉の市の当日専用の駐車場は
有りません。公共交通機関での来場をおすすめします。
路上駐車もご遠慮ください。

 

スポンサードリンク

浅草酉の市の熊手の価格はどれぐらい?

酉の市での名物、縁起物の熊手。数百件とも言われる熊手屋さんが
夜通し、威勢の良い掛け声で熊手を売る光景はもはや名物です。

初めて酉の市へ行った場合、熊手を購入してみようと思っても、
どこのお店で買えばいいのか、お店の方のあまりの威勢の良さに
尻込みして中々買えなかったり、との声も聞かれます。

熊手の価格は、小ぶりの豆熊手なら¥1,000ぐらいから、数十万円までと様々で
売れ筋は¥5,000~¥50,000ぐらいの物なのだとか。

熊手を販売しているお店は沢山有りますが、扱っている熊手のデザインはそれぞれに
違うのでまずは気に入った熊手を販売しているお店を見つけましょう。

お店の方との値切り交渉(商談)も酉の市で熊手を購入する際の
楽しみの1つです。

自分の予算を伝え、上手に値切りの交渉を行いましょう。
昔は値切った分の額をご祝儀としてお店に置いてくるのが
粋な熊手の買い方だった様です。

熊手を購入した翌年には、前年に購入した熊手を持参して
納所に収め、新しい熊手を購入します。

基本的には、熊手を購入した神社やお寺へ納めるのが一般的ですが
観光などで訪れていて、住まいが遠方の場合は
近所のお寺や神社に1年後に収めても問題ないそうです。

浅草酉の市の周辺の屋台は?

熊手屋さんや食べ物屋さんの屋台が多く出典される鷲神社の酉の市。
150軒と言われる熊手屋さんと、800軒とも言われる様々な食べ物を販売する
屋台が並びます。

酉の市は深夜0時から開始ですが、23時頃から屋台が開き始めます。
縁日の様な、チョコバナナ・あんず飴・タイ焼き・大判焼き・綿菓子屋さんから
ステーキ・コロッケ・ハンバーガー・タイラーメン屋さんまで・・・
(その年によって屋台の内容は変わります。)
屋台巡りをするだけでもレアな食べ物に出くわすかもしれません。

24時間だけ開く居酒屋さんも出店され、夜の酉の市は大盛況です。

まとめ

東京、浅草の鷲(おおとり)神社の酉の市への
アクセス・熊手の価格、購入の仕方・酉の市周辺の多彩な屋台について
ご紹介させて頂きました。

提灯が情緒を醸し出す夜間の参拝が賑わいますが、
混雑を避けてゆっくり過ごすのであれば午前中から
夕方までの時間帯がおすすめです。

商売をされている方に限らず、1年の福を招きに
酉の市を楽しんで下さい!

スポンサードリンク

 - イベント, 遊び/趣味 , ,